あおぞら保育園-中原区

七夕祭り

自粛が明け、園児たちが戻ってきました!
いつもなら保護者と共に笹飾りを作り、ワイワイガヤガヤの親子七夕まつり、、、
でも今年は、、、園児限定の行事が増えそうです。
 
そんな中、あおぞら保育園では3日(金)に少し早めの「七夕まつり」を行いました。
この日に向けて“たなばたさま”の歌や手遊びを何度も歌って練習したり、笹飾りを作ったり、楽しみながら準備をしました。
当日は梅雨の晴れ間、外も気になるけど、、、(笑)
“黄色さん”の元気な「始まりの言葉」で会はスタートしました
 
  始まりの言葉
 1,手遊びうた
 2,紙芝居(ピアノ伴奏付き)
 3,星探しゲーム、天の川ジャンプ
 4,飾り付け
 5,うた 「たなばたさま」「きらきらぼし」
  終わりのの言葉
 
手遊びうたの時も黄色さんはみんなの前に立ち、上手に披露してくれました

星探しゲームでは、 2 チームに分かれて隠したり、探したりのルールで行いました。
自分の隠した★が見つからないかドキドキ、中には身をもって立ちはだかる園児 もいたり ( 笑)。一方、探す子たちも真剣な表情です。
さあ残り 1 つ、最後の★は園長先生のお尻に付いていました!

見つけ出した★は壁に飾って “ 即席天の川 ” の出来上がりです。
大きな笹の枝に、お父さんお母さんと作った自慢の七夕飾りや、
楽しくて可愛らしい願い事の書かれた短冊(中には妙に現実的なもの有り ( 笑 ´ ∀ ` ) )
を頑張って結びました。色とりどり、賑やかに飾られた笹にうれしそうな子どもたち。

「♫さ~さ~のはさ~らさら~」歌声にも力がこもります。
どうか、織り姫さまと彦星さま、みんなの願いをか~なえて~

保護者の皆さま、七夕製作のご協力ありがとうございました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です