あおぞら保育園-中原区

消防訓練

9月は「防災月間」
過去の災害を教訓とし、改めて防災に対する意識を高める月です。
あおぞら保育園”では6日には「救命講習会」に参加し、様々な事故に対応するための連携やAEDの使い方などについて受講してきました。
翌7日には大震災を想定した「引き渡し訓練」を実施しました。
慣れない防災頭巾を被り、お迎えの順番を待つ園児達にも訓練の緊張感が伝わったようで真剣な表情が印象的でした。
同日にはもしもの災害に備えるため、中原消防署の協力の下に模擬通報訓練や消火器の使い方を学びました。
今回の体験を生かし、皆様もご家庭や勤務先での非常時の対応方法などを時折確認してみてはいかがでしょうか?
最後になりましたが、各被災地の復興が迅速にすすみますようお祈り申しあげます